車を売る際の査定額は何で決めている?

車を売却したときの金額の基準

いざ車を売ろうとしたらどうなるのか

このコラムをお読みの方々には、自分の車をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
確かに車を持っているとなにかと便利ですし、若い人や車好きの人たちにはちょっとしたステータスにもなりますしね。
特に公共交通機関の関係で車が必要不可欠なところに住まれている方ならほぼ確実にお持ちになられていることでしょう。

ですが、そんな大切な車を手放さないといけないときもいつかは訪れます。
そのきっかけは車の調子が悪くなったとか持ち主の都合などと背景はさまざまです。
そして大抵は、買い取ってくれるところに売りに出してお金に変えています。
ただ単に廃車にしたり誰かにあげるよりかは効率的だからでしょうね。

ところで、車を売りだすときに提示されるいわゆる査定額はどのように決まっているのでしょうか。
一度でも車を売った経験がおありの方は特に気になったということがあるでしょう。
実はその理由や基準はたくさんあるのです。
それらを組み合わせて、最終的な金額というものを決めていきます。

そこで今回このコラムでは、実際に車を売る際に出てくる査定額はどうやって決まっていっているのかについて詳しくお書きしたいと思います。
この仕組みが分かれば、いざ車を売るときにお役に立つでしょう。

また、それと同時に所有者が自分の車を手放す背景や車を売りに出すときの大まかな流れについても触れていきたいと思います。
これらの知識も、覚えておいて損はない内容だと思います。

TOPへ戻る